官能小説ブログふたなりレズビアンナイト

18歳未満閲覧禁止、レズ描写メインのふたなり小説ブログです。不定期更新。 以前利用していたブログより、引っ越して参りました。 現在、仮運用中。ブログデザインの変更や文字の移動が発生します。ご容赦ください。

●当ブログは、アダルト仕様の百合官能小説サイトです。18歳未満は閲覧禁止です。●当ブログはアダルト官能小説の手法で、両性具有と同性愛を扱った作品を展示しています。展示している全ての作品は創作であり、決して性的犯罪や差別を促進する物ではありません。●アダル …
続きを読む

・当サイトの閲覧は18歳以上の方に限らせて頂きます。18歳未満の方は閲覧禁止です。・当サイトの閲覧は、全てご利用者様の責任において行って下さい。・当サイトで扱う作品に登場する人物、団体、その他全て架空のものでありフィクションです。実在の人物や団体等とは一 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆377.【悦楽アナル・セックス8】アナルSEX&クリ粒扱き責め◆ ◆ ◆仄暗い奥様の寝室は、アロマキャンドルの甘い香りが微かに漂っています。ですがその香りも、今ではすっかり、卑猥な性の匂いと混ざり合ってしまっているんです。 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆376.【悦楽アナル・セックス7】汁舐め連続アヌス絶頂メイド◆ ◆ ◆ぬちゅうぅ……ぷちゅうぅ……という、匂い立つほどに粘着質な水音が寝室に響いています。柔らかなブランケットとタオルケットが敷かれた、キングサイズのベッドの …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆376.【悦楽アナル・セックス7】潮吹きアナルセックスの虜◆ ◆ ◆柔らかなベッドの上、何も隠さず裸のままに身を横たえて。愛しい奥様の前で全てを曝け出しては、徹底的に全身を貪って頂いて。気持ち良いんです。気持ち良くてもう、 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆375.【悦楽アナル・セックス6】アナル膣壺快楽潮吹き連続絶頂◆ ◆ ◆奥様と絡み合ったまま、私は淡くて甘い連続アクメの悦びを、与えられ続けています。心地良くて幸せで、でも過剰過ぎてつらいんです。それでも奥様は許して下さい …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆355.【悦楽アナル・セックス5】アナル&Gスポット同時絶頂◆ ◆ ◆奥様の指先が、卑猥で心地の良い場所を、徹底的に撫で回しているんです。ぐちゅぐちゅぅッ……ぬちゅぬちゅぅッ……粘りつく様な水音が、私の股間から聞こえて来る …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆355.【悦楽アナル・セックス5】肛門性交の悦びを教え込まれて◆ ◆ ◆汗に塗れた裸身を、背後から奥様にたっぷりと責めて頂いて。全身が蕩け出してしまいそうな程の、浅まし過ぎる快楽に、私は身も世も無く喘ぎ続けて。普段の自分を …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆354.【悦楽アナル・セックス4】淡いアナル・ピストンの愉悦◆ ◆ ◆奥様の吐息が私のうなじを滑り、奥様の肌が私の肌に密着します。奥様の体温が、奥様の匂いが、奥様の乳房が、堪らなくなるほど心地良くて。そして奥様のしなやかな …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆353.【悦楽アナル・セックス3】肛門性交アクメに蕩けるメイド◆ ◆ ◆頭の中が真っ白なんです。腰の奥が熱く熟して疼いているんです。ああ……肛門なんです。私の肛門が、大きく柔らかに広がって、奥様の勃起ペニスを根元まで飲み込 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆352.【悦楽アナル・セックス2】肛門性交快楽アクメ漬け◆ ◆ ◆淫らで浅ましい熱気が、奥様の寝室に立ち込めていて。そんな寝室の中央に据え置かれた、キングサイズのベッドの上で。私は裸のまま俯せになり、剥き出しのお尻をいやら …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆351.【悦楽アナル・セックス1】股間嬲り&悦楽肛門性交◆ ◆ ◆汗塗れの裸身を晒し、ベッドの上にうつ伏せのまま、お尻だけを高く突き上げた格好で。背後から私の腰を捕まえる奥様に、蕩け切ったお尻の穴と、欲深いスリットを見せつ …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆350.【フェラ&肛門嬲り5】欲しがりメイドを焦らしクリ虐め◆ ◆ ◆「くぅン……んはァ……はァ……お、奥様の……オ、オチ〇ポで……小町のお尻の穴を……お仕置き調教して欲しいれす……はァ、お仕置きして……下さぃ……ン……」 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆349.【フェラ&肛門嬲り4】快楽アナル・セックスの誘惑◆ ◆ ◆奥様のペニスを、隅から隅まで思う存分に舐めしゃぶって。奥様の脈打つ陰茎をシコシコと搾りながら、美味しいカウパー淫液を好きな様に啜り上げて。奥様にローション塗 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆348.【口淫&肛門嬲り3】口淫&アヌス責め交互悦楽◆ ◆ ◆心地の良いクンニリングスで、何度も何度もクリトリス・アクメを頂いてしまって。淫猥な性玩具で、前の性粘膜から、後のアヌス粘膜から、濃厚な愉悦を引き出されてしまって …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆347.【口淫&肛門嬲り2】ふたなり怒張を味わうメイド◆ ◆ ◆キングサイズのベッドに敷かれた柔らかなブランケットは、すでにしっとりと湿っているかの様で。広々とした奥様の寝室も、生ぬるい欲情の熱が満ちている様で。頭も、身体 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆346.【口淫&肛門嬲り1】淫語で性処理メイドを辱める奥様◆ ◆ ◆気持ち良過ぎたんです。どうしようも無く、堪え様も無く、気持ち良過ぎたんです。「う゛ッ…… う゛ッ う゛ッ…… う゛ う゛ う゛ッ…… う゛ッ……奥ひゃッ……んッ …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆345.【ポルチオ快楽8】甘く爛れた連続アクメと潮吹き絶頂◆ ◆ ◆奥様の艶やかな唇が、柔らかに滑る舌が堪らないんです。頭の奥まで蕩けてしまいそうな、トロトロのキスなんです。「ぶじゅるるッ、じゅるるッ……ヌルルッ、べちゅッ …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆344.【ポルチオ快楽7】甘ピストンでポルチオ連続絶頂◆ ◆ ◆奥様に抱き締められて、奥様の匂いに包まれて。奥様の体温を、奥様の吐息を、奥様の鼓動を感じながら。私は忘我の極みでアクメを愉しむんです。「んッ……んッ……んほォ …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆343.【ポルチオ快楽6】濃厚膣壺ピストンアクメ漬け◆ ◆ ◆仄暗い奥様の寝室で、ベッドのスプリングが小さく軋み続けます。キシッ……キシッ……キシッ……そんな微かな音が響くたびに。私の下半身……トロトロに熟した股間から、泣 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆342.【ポルチオ快楽5】ポルチオ・ピストン快楽責め◆ ◆ ◆濃密過ぎる性的快楽に、下半身が熱を帯びてしまって。幸せ過ぎる淫靡な悦びに、全身がピクンピクンと震えてしまって。気持ち良い、気持ち良いんです。身体中がいやらしくっ …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆341.【ポルチオ快楽4】快楽連続ポルチオ・アクメ◆ ◆ ◆熱くて硬くて、ぬめぬめと滑る奥様の極太ペニスが。淫液を滴らせてパンパンに張り詰めた、艶やかで肉厚の亀頭が。愛液をたっぷりと滲ませながら、卑猥に収縮を繰り返す私の膣 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆340.【ポルチオ快楽3】喜悦抱擁ポルチオアクメ◆ ◆ ◆熱くて極太の官能が、私の股間を、下半身を、ドロドロにこね回しているんです。羞恥の全てを忘れて、両脚をM字に大きく開いて、私は奥様に縋りつくんです。快楽に溺れながら、 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆339.【ポルチオ快楽2】淫らなおねだりと快楽極上挿入◆ ◆ ◆ぬちゅゥ……ぬちゅゥ……と、性粘膜同士が音を立てて擦れるんです。卑猥に熟して濡れた私の性粘膜を、粘液に塗れた奥様の亀頭粘膜が虐めるんです。大きくM字に開いた両 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆338.【ポルチオ快楽1】欲しがり粘膜に擦れる極太怒張◆ ◆ ◆奥様の体温を全身で感じながら、抱きついて甘えるんです。甘くて柔らかな奥様の匂いを、思いっきり吸い込みながら、縋りついてしまうんです。乳房を揉まれ、わき腹を撫で …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆337.【快楽玩具責め14】性奴隷メイドにキスのご褒美◆ ◆ ◆仄暗い寝室には、淫靡な気配が濃厚に漂っています。汗の匂い、性の匂い。火傷しそうな熱気。粘ついた水音が混ざり合って。身体中が官能の波に飲まれ、濃密な幸せの中で蕩 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆336.【快楽玩具責め9】二穴玩具挿入連続アクメ調教◆ ◆ ◆「ほらッ……ほらほらッ! イクイクしたてのスケベ穴ッ! 女の子エキスでトロトロのチ〇ポコ扱き穴ッ! チ〇ポコのオモチャでグチュグチュして貰えて嬉しいでしょ!?  …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆335.【快楽玩具責め8】淫らアクメに追い討ち玩具責め◆ ◆ ◆絡みつく様な熱気の篭る、奥様の寝室。広々とした、キングサイズのベッドに敷かれた、柔らかなブランケットの上。私は淫猥極まりない『まんぐり返し』の格好で、奥様に愛 …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆334.【快楽玩具責め7】二穴玩具調教アクメメイド◆ ◆ ◆M字にだらしなく開いた両脚が、カクンッ……カクンッ……と、堪え様も無く、跳ね上がってしまうんです。ですが、手首と足首を革ベルトで拘束されているので、脚が跳ね上がる …
続きを読む

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆333.【快楽玩具責め6】ポルチオ&アヌス快楽調教◆ ◆ ◆股間の蕩ける熱い悦びに、身体中が蜂蜜の様に甘く仕上がってしまったんです。羞恥と被虐と快楽のブレンドが、私の恥肉を汁塗れになるまで昂ぶらせてしまったんです。柔らかな …
続きを読む